働きながら、漫画を描く

質問ID:
F43e732a
閲覧数:
210
回答数:
2件
ブックマーク数:
0

回答締切

ポイント合計2pt

meguru さん 2020年06月15日 15:36

働きながら漫画を描いている方はどんな仕事で収入を得てるのかとても気になります。

わたしは事務や接客業で働いてたのですが一日中働いて帰ってくると、
疲れてなかなか漫画を描く時間を作れないことが多いです。

おすすめの職業やこういうとこで働いてたなどありましたら教えていただけると幸いです。また絵に関わるお仕事されていた方もどんなことをしていたのか教えてください。

この質問に対する回答 ポイント順 新着順

ポイント合計1pt

AMPM さん2020年07月02日 01:31

自分は今漫画いっぽんで食べているのですが、その前は働きながら描いていました。

最初は広告系のデザイン会社に勤めていました。ただその業界もある意味中途半端な気持ちでやるにはあまりにも厳しくて(労働時間も諸々の待遇も)そして漫画を描く時間が全くなくなってしまったので1年で辞めて、もっとゆるい、でも何か作る系の職には就きたくて、広告代理店にパートで入りました。

パートなので、休みも自由に取れたし終業時刻も早かったので漫画は沢山描けました。その頃は同人誌と投稿持込もほんの少ししてました。

そこで3年くらいほどたち、正社員になるかどうかみたいな事を上から言われて(それは自分の能力どうこうというより会社的に…長くいるからだと思うんですが)ちょうどそのタイミングでイラレ(というデザイン向けのソフトです)を使える外注先を募集してたので、通勤時間と会社に来てもやることない時間を漫画を描くか寝る時間(笑)にあてたく、そこの会社の外注先になりました(いちお、きちんと新しいパートさんを募集して貰って一通り教えてから辞めました。

暫くはそこから仕事を貰いながら漫画を描いてました。
商業デビューしてからも4年~5年ほどは在宅仕事とたまに日雇いのバイトをしながら描いてました。その間描いてた漫画は正直、商業よりも趣味の同人誌ですが。商業はネームが全然通らないので(^^;)

もし質問者さんが今、漫画を描きながら働く必要がある状況であれば、少しでも自分が興味があったり疲れない仕事を選ぶことをおススメしたいなと思います。
自分は「より疲れないためにどうすればいいか。」みたいな考え方で、とはいえ収入も大事なので、自分の生活にいくらかかるかは割とつねに把握して働いてました。
漫画一本で食べれるようになってからもそれは変わってないです。ただ漫画のクオリティはより上がるようにそこだけは意識高めで(笑)
漫画の方も、出来れば自分が楽しいなぁと思えるスタンスや、やり方をおススメしたいです。その方が長く、好きで描いていられるような気がするので。
働きながら描くのは本当に簡単なことではないですが自分の経験が少しでも参考になれば幸いです!

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど!最初は広告系で働いていらっしゃったんですね。
漫画で読んだ知識しか存じませんが忙しいご職業ですよね。
詳しくお話しいただきありがとうございます。
漫画一つで食べていくにはやはり、長いスパンで考えていくべきだなと感じました。
自分にあったやり方で時間をつくる工夫をして地道に頑張っていきたいと思います!

ポイント合計1pt

藍葉 さん2020年06月17日 14:20

こんにちわ。
働きながら漫画制作・・・、大変ですよね・・・。
あまり参考にはならないかもしれませんが、個人的なお話の範囲で、お答えさせていただきます。


結論から言いますと、自分の場合はアルバイトから大手企業の社員まで様々な形態を経た時期があったのですが、いずれにしても「働きながら漫画制作をする」というのは無理でした。

もちろん趣味の範囲で、年に2冊ほど32ページ程度の同人誌を制作する、といった範囲のものなら可能です。しかし、例えば、本気でプロを目指すために持ち込み用の投稿作品を制作し、それを持ち込んで出版社と打ち合わせを重ね、ネームを書いて直して、といった、いわゆる「プロになるための漫画制作活動」は、正直自分程度のキャパシティでは無理だと悟りました。

当然ながら、ばりばり働きながらプロを目指す方、または既にプロとして活動しながらも更に副業で他の仕事をされている超人のような方はいらっしゃいますし、はたまた比較的軽めのペースで制作された同人誌を持ち込んだらデビューが決まった、ということもあるでしょう。
ですが、やはりそれは特殊なケースではあると思いますし、もし質問者さん自身が現時点で「きつい」と感じながら漫画制作に取り組まれているのなら、あまり根性論でどうにかしよう、というのはオススメ致しません。

やはり創作活動というのはプロアマ問わず、自分のペースで楽しんで制作することが第一、というのが理想ではありますし、それくらい漫画の制作は「掛かる」ものだと思います。
なので、もし自分が満足する制作時間を取れないようであれば、思い切って、お金を貯めて、漫画だけに集中する期間を設けるだとか、それが都合的に難しいのであれば、せめて時間と精神的余裕を確保する環境を得るために周囲に頼ってみる、だとか、色々と工夫されてみるといかがでしょうか。


あくまで個人の意見ですが、自分の経験則上、周りにいた「時間がなくて書きたくても書けない」と言われていた作家志望の方に共通していたのは「責任感が強く、人に頼るのが苦手」といったタイプの方が多かったように思っています。
質問者さんがそうではないか、という意味ではないのですが、ときには周りの人や環境に頼ってみるのも、そんなに悪くないことだと思いますので、もしよければ参考にしてみてください。

以上、働きながら書けなかった人間が偉そうなこと言いまして、大変申し訳ありませんでした。
ただ、影ながら質問者さんの漫画制作を応援しております!

この回答へのお礼

すごくご丁寧に回答ありがとうございます。
甘えた質問をしてしまったなと若干後悔してましたが
経験談に基づき、教えていただけてうれしいです。

働きながら本気で活動するのはやはり難しいものですね。
藍葉さんの回答をみて道は人それぞれで、
自由な時間を活動に割り当てれる工夫をしながら切り開いてくしかないと思いましたので、
焦らずこれからもやっていこうと思います。ありがとうございます!

2 件中 1-2

  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連Q&A

回答募集中

  • 公式Q&A

    0 件

  • 質問総数

    53 件

  • 回答総数

    102 件

  • お礼総数

    52 件

  • ベストアンサー総数

    12 件

質問・回答を投稿しよう

ポイントランキング